中絶と不妊

11年間不妊で苦しんだ管理人の輝が実際に妊娠したマニュアルを紹介

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

世の中にはたくさんの妊娠マニュアルが販売されています。私も3つの妊娠マニュアルをネットで購入しました。

無意味なマニュアルに騙されてはいけません。

11年間不妊で苦しんだ私、その私を妊娠に導いてくれたマニュアルをご紹介したいと思います。


お時間がある方はこちらをクリックしてお読みになってみてください。

中絶と不妊は関係があるのでしょうか?

中絶を繰り返すと不妊症になるという話を聞いたことのある人は多いのではないのでしょうか?もしも、過去に中絶した経験があり、現在妊娠できないでいると、その過去のことが原因ではないか?と思い悩む人も少なくないかもしれません。それでは、本当に中絶と不妊症には関係性があるのでしょうか?

 

実際には、中絶したからといって、必ずしも不妊症になるとは言えません。医療の進歩した現代では、比較的安全に中絶手術が行われるようになりました。正しい処置がきちんと行われていれば、不妊症になる可能性は低いです。

 

しかしながら、必ずしも不妊症にならないとは限らないのも事実です。中絶手術は、人工的に子宮内の胎児を取り出すのですから、当然、子宮に負担を掛けてしまいます。また、中絶処置の際に、子宮壁に傷を付けてしまう可能性もけして低くはないのです。

 

それに、子宮内部や卵管などに炎症が起こってしまったりする場合もあるそうです。炎症によって、卵管が詰まってしまうこともあります。こういったことが、不妊症の原因になりうるのです。特に、中絶を繰り返すと、そのリスクも高くなっていきます。

 

もちろん、中絶に踏みきるには、様々な理由があることでしょう。望まない妊娠、経済的な理由、産みたくても病気で産めないなど、やむを得ない事情もあると思います。

 

でも、中絶を検討する際には、将来、不妊症になるリスクもあるということを常に念頭に置くようにしましょう。そして、中絶手術を受ける際には、正しい処置が行える医師の元で行うようにしてください。

問診と診察

検査のために行く病院が決まったら、すぐに検査を受けに行きましょう。 まず、電話で予約を取り、その時間に合わせて病院へと向かいます。 そして窓口で手続きを行い、診察、検査を受けるという流れになります。 不妊治療のための検査を行う際、まず行われるのは問診です。 これは、他の様々な病気やケガなどで病院を受診する場合と同じですね。 症状や状況、環境などを聞き、その上で医師が不妊の疑いがあるかどうかを判断します。 不妊検査の場合、基礎体温を測った記録があると診断がスムーズです。 基礎体温を見ることで排卵の有無を確認し、不妊症かどうかを確認できるためです。 そのため、できれば普段から自分で基礎体温を測っておきましょう。 そうすると、妊娠するために大切な器官に異常がみられる場合も早期に気付く事ができます。 問診は男性にも行われます。 いわゆるインポテンツ等の確認ですね。 恥ずかしさを感じるかもしれませんが、不妊治療の検査には非常に重要な点なので、必ず正直に答えましょう。 また、同時にセックスレスがあるかどうかに関しても問診を受けることになります。 それも恥ずかしがらず、ありのままを答える必要があります。 これらの問診が終わり、肉体的な問題か、精神的な問題かがある程度判明したら、次はいよいよ診察という事になります。 診察や検査は男女別々の方法になります。 女性は様々な検査方法があるので、しっかりと医師の説明を受け、どのような検査をするのか理解しておくことが大切です。