妊娠する方法

効果があると認められてきている方法

輝

ご訪問ありがとうございます!管理人の輝です。

 

1976年生まれ、双子座の女です!

 

ようやく第一子を授かったのは私が36歳のときでした。
夫はそのとき42歳です。

 

高年齢出産の仲間入りです。

 

 

あなたは不妊治療と聞いて、まず一番最初に思い浮かぶイメージはどんな物ですか?

 

私は不妊治療と聞くと、ホルモン剤や排卵誘発剤などを使った治療で、副作用が多く出てしまうというイメージを持っていました。そして、不妊治療について色々調べてみると、そのイメージ通りだったのです。

 

それに、妊娠して出産するまでが不妊治療だと思いますが、ホルモン剤などを服用することによって、さらに妊娠しにくくなってしまうケースもあるそうです。そんな中で、最近、妊娠する方法の中でも効果があると認められてきている方法が鍼灸治療です。

 

私たちはなかなか子供ができませんでした。結婚して10年以上、最初は赤ちゃんって自然に出来るものだと思っていました。でも、現実は違っていました。男女が避妊なしで性行為を行って2年以内に妊娠できなければ不妊だそうです。10年以上の私たちはもちろん不妊に属することになりました。

 

近年、ある病院で不妊の原因がはっきりわからない機能性不妊の女性を対象に、鍼灸治療を実施しました。鍼灸治療を続けていった結果、24人中7人の女性が妊娠に成功したと言われています。鍼灸治療を行っていくと、今まで原因がわからず感じていた肩こりや頭痛、月経異常もみられなくなったのだとか?

 

鍼灸治療には、体の内臓機能を向上させ、免疫力を高めてくれる効果があると言われています。ホルモン剤や排卵誘発剤を使って、どんなに治療を続けていても、妊娠・出産に耐えることの出来る母体でなければ意味がありません。

 

多くの女性に見られる冷え性などもそうですが、手足が冷えているということは内臓も冷えてしまうことになるので、子宮や卵巣の働きも低下させてしまうことになるのです。そこで、東洋医学である鍼灸治療を用いることで、体内の働きを正常に保ち、妊娠しやすい体を作るということを目指して治療を行うのです。

 

鍼灸治療には副作用もないので、妊娠前後も問題なく治療を行うことが可能です。妊娠する方法は必ずしも病院に行かなければならないということではありません。

 

結婚して9年目のとき、私たちは不妊治療で病院に行く前に、自分たちでできることはとにかくやろうと話しあいました。書店で書籍を購入することはもちろん、インターネットでさまざまな情報を収集しました。恥ずかしくて口には言えないようなこともたくさんやりました。でも赤ちゃんが出来ず2年がたちました。

結婚して11年目、最初に諦めたのは夫のほうでした。それもそうでしょう。生理が終わると2日に1回の性行為。それを1年半続けたのです。危険日と言われる前後に性行為をしても9年間子供ができなかったのですから、そのときはもうやみくもでした。

もう不妊治療で病院に行くしかありませんでした。11年間子供ができないのですから。それに、私の年齢もすでに35です。でも問題が発生しました。夫が病院には行かないと言いだしたのです。これだけやったのだから、もう無理だろうと思ったそうです。「つらいのはあなただけじゃない!私も同じ!」と心の中で叫んでいました。不妊の苦しみは女性のほうが辛いはずです。“女”として機能していないという苦しみも襲ってくるのですから。

 

でも私は諦めませんでした。

夫が病院に行くことを許してくれないので、私は病院に行かなくても妊娠できる方法を探し続けました。そして一番最初に見つけたのが、譚定長先生の「妊娠成功ガイドブック」でした。正直、うさんくさいなあと思いました。でももう私たちにはあとがないので、迷わず購入しました。

 

一番参考になったのが、「周期療法」というところでした。これは不妊で悩んでいた譚夫妻が実際に妊娠できたという方法です。それと普段の食事内容の改善です。とにかくこれを徹底していこうと決めました。

 

日々、いろんな情報をネットで探していると、出会ってしまうことがあります。「実は、不妊に悩んでいた92%の女性が、1日2回あることをしただけで妊娠した方法があります」。こんな言葉に出会ってしまいました。購入してしまいました。

 

これは正直、買って失敗したかな?と思いました。DVDが2枚送られてくるのですが、1枚目は兼田さんという方の講義です。なんか雑音が多くて聞き取りづらく、内容も不妊についてある程度知っている方なら特に得るものがないかな?と思いました。

 

テキストもあるのですが、130ページほどの中身はDVDの書き起こしとなっているので、DVDを聞くだけで十分でした。

 

2枚目のDVDはストレッチというか体操というか、妊娠しやすい体にするための運動です。こちらは女性が体操をしていて、内容もしっかり説明されていて聞きやすかったです。このDVDだけ販売すればいいのにと思ってしまいました。

 

で、これで終わらなかったんですね。もうこの手の商品は買わないと決めていたのに、どうしても気になるのが出てきたんです。それが、鍼灸師の免許を持っていて、テレビでも見たことがあった、北村恵実子さんの妊娠術です。

 

北村恵実子

北村恵実子さんの妊娠術公式サイトはこちら

 

鍼灸治療で妊娠しやすい体をつくることが可能だと聞いていたので、どうしてもこの方の妊娠マニュアルが見たかったんです。で、買ってしまったんです。送られてきたDVDとテキストを見ますと、メインは呼吸法とツボ押しです。

 

ツボに関しては詳しく説明がされており、わかりやすかったです。実際にDVD通りツボを押すと、身体が温かくなってくるのがわかるんです。これには驚きました。ツボって凄いんですね。すっかりツボ押しにハマってしまいました。

 

そして、遂に!

私は、北村恵実子さんの「アキュモード式妊娠術」に頼りました。なぜなら、これから私が妊娠した場合、高年齢出産になります。高年齢になると、「受精しても着床しにくい」「流産しやすい」などの症例が多くなってきます。

 

このあたりのことを考えると、北村恵実子さんの「アキュモード式妊娠術」に頼ったほうがいいかなあと思ったからです。それに実際、北村恵実子さんは経験が豊富みたいで、実績も多いみたいです。

 

「流産せずに元気な赤ちゃんを産む!」

 

これは高年齢になればなるほど大きな課題となってきます。

 

北村恵実子さんのDVDを見ながら呼吸法やツボ押しを行い、譚定長先生の周期療法を参考にし、夫にも協力してもらい、努力すること4ヶ月目。

 

もうそのときはもう涙が止まりませんでした。本当にありがとうございました。とうとう妊娠することができました。その後、流産の危機も乗り越え、もうすぐ出産を迎えます。

 

輝

 

調べてみると他にもいろいろと妊娠術が販売されていますが、もう購入はしないつもりです。40歳までにもう一人子供が欲しいと思っています。

 

それまでずっと、北村恵実子さんのDVDを見ながら、呼吸法とツボ押しを続けていきたいと思います。

 

それと、食事とか生活環境は大事だと思います。食事制限が中心のダイエットはもってのほかです。とにかく、身体を冷やさない生活を送り、身体を冷やさない食べ物を食べ、そして良質なたんばく質を摂る。

 

妊娠しやすい体にしていく、着床しやすい子宮にしていく、流産しにくい体を作っていく。

 

それを実現してくれたのが、北村恵実子さんの「アキュモード式不妊症改善セルフケア」だと思っています。

 

私が、「アキュモード式不妊症改善セルフケア」を信じて実行したのには、実は大きな理由があります。実は輝、流産の経験があります。なので、北村恵実子さんが提唱する「妊娠力」「妊娠維持力」というのが大事だということを知っています。“危険日だから性行為を行う” これだけでは駄目なんですね。赤ちゃんのことを考えるとママの体づくりが非常に大事なのがわかります。なので、輝は「アキュモード式不妊症改善セルフケア」に出会え、無事に妊娠出産できたことを感謝しています。


妊娠する方法の中でも効果があると認められてきている具体例

妊娠するにはルイボスティーが効果ある?

最近、妊娠する方法で効果があると評判のお茶があります。皆さんも一度はこの名前を聞いたことがあると思いますが、そのお茶は「ルイボスティー」です。ルイボスティーにはSOD様酵素と呼ばれているスーパー・オキサイド・ディスムターゼという成分が含まれています。SODはミネラル成分の一種で、ルイボスティーにはこの他にも、亜鉛や鉄分・セレンなどが含まれているのです。人間の体は、生きていく上で必ず活性酸素を発生させてしまい、活性酸素は体の酸化を進めてしまいます。活性酸素が発生する原因としては、排気ガスや紫外線を日常的に浴びていたり、ストレスを感じていたり、喫煙などです。活性酸素の発生を100%取り除くのは、普通に生活している限り不可能でしょう。酸化が進んでしまうと、体内のあらゆる機能を低下させてしまうことになり、生殖器官その物にも影響を与えるので、卵子も直接影響を受けてしまうのです。卵子が成熟するまでに、どれくらいの期間が必要かご存知ですか?卵子は元の細胞から発育して、3ヶ月かかって成熟し、排卵されています。そして、最初に述べたように、SODという酵素が活性酸素を体内から除去してくれる作用を持っているので、卵子の質そのものを向上させてくれるのです。それに、卵子の質を向上させてくれるだけでなく、精子にもいいと言われています。妊娠する方法を望んでいるご夫婦や不妊でお悩みのご夫婦であれば、是非一度試してみる価値はあるでしょう。その効果には個人差があると思いますが、ルイボスティーは不妊に効果があるだけでなく、アンチエイジングにも効果があるので、美肌効果なども期待出来るかもしれません。しかも、妊娠前妊娠中など、時期に関係なく飲むことが出来るため、ずっと飲み続けていても問題ないのです。継続してルイボスティーを飲むことで、妊娠しやすい体作りを行いましょう。

 

 

妊娠するにはマカが効果ある?

マカとは、南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物で、豊富な栄養をたっぷり含んでいます。そんなマカが妊娠する方法に効果ありと言われている事は、意外と有名な話のようです。それでは、どうしてマカが妊娠する方法になると言われているのでしょうか?まず、不妊で悩んでいる多くの女性は、月経異常を起こしている可能性がありますが、これはエストロゲンと言う女性ホルモンが影響しています。このエストロゲンが減少してしまうと、子宮の発育不全や月経異常などを起こしてしまうのです。マカが妊娠する方法に効果があると言われているのは、この女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進する作用があるからです。また、マカに含まれている必須アミノ酸のアルギニンは、男性の精巣機能を活発にして精子を増やす事もわかっています。つまり、マカを摂取する事によって、女性はホルモンの分泌バランスが安定して妊娠しやすい体質になり、男性は精液や精子の数が増加し、さらには、運動率も上昇して精子の状態を良くする働きがあると期待されているのです。しかも、マカは植物から出来たサプリメントなので、成分は全て天然で、副作用の心配もありません。不妊治療の際の排卵誘発剤に影響を与えたり、他の治療の妨げになったりする事もないため、夫婦二人で安心して摂取出来るサプリメントと言えるでしょう。ただし、不妊の原因が生殖器官の異常等と言った場合には、マカによる効き目はありませんので、注意してくださいね。

 

 

妊娠するには漢方薬が効果ある?

妊娠する方法の中には漢方薬が使ったものがあると、聞いたことはありますか?これは効果があるのでしょうか?漢方薬を使って妊娠っていうと、いかにも漢方薬=妊娠って感じですけれど、そもそも妊娠できる漢方薬はありません。妊娠する方法の漢方薬というのは、妊娠しやすい体に改善していくという補助的な役割を担っていると考えた方が無難でしょう。例えば、不妊症の原因として冷えがありますが、漢方薬を使って、血の流れを良くし、冷えを改善していくというものです。漢方薬にもたくさんの種類がありますので、一概にこれが良いとは決められません。漢方薬局や漢方外来などで、自分に合った漢方薬を処方してもらうのが一番でしょう。以下は、妊娠しやすい体質に変えていく効果のある漢方薬の一部です。
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・冷え性や月経不順などに効果があります。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・冷え性、めまい、血行不良に効果があり、子宮内膜症や子宮筋腫がある場合にも使われることがあるでしょう。
・八味地黄丸(はちみじおうがん)・・・冷え性の改善に効果的です。
・四物湯(しもつとう)・・・体の血行を良くして、子宮や卵巣の働きを良くします。
これらはほんの一部で、他にもたくさんの漢方薬があります。くれぐれも、自分の症状や体質に合った薬を服用するようにしてください。漢方薬は緩やかに効いていく薬で、すぐに劇的な変化は見られません。過度な期待はせず、気長に続けることが大切です。